センター試験で受験生が気を付けるべきマナーとは?

いよいよセンター試験の時期ですね。フリーランスのマナー講師の真長 吉木(マナガ ヨシキ)です。

マナー講師になる前わたしは塾講師として働いていましたが、 その頃毎年のように生徒に「センター試験で気を付けるべき点はありますか?」という質問を頂いていました。

特に初めてセンター試験を受ける生徒に勘違いしている人や知らない人が多いのですが、

実はセンター試験では合格率をアップするために意識しなくてはならない所作が多く有るのです。

センター試験直前期間のマナーとは?

試験日前の期間にも、受験生に心掛けて欲しいマナーはあります。

本番が近づくほど勉強に没頭しがちになりスマホを触らなくなると思いますが、実は「長時間コミュニケーションツールなどに浮上しない」という行為はマナー違反なんです。

試験直前だからといってSNSへの浮上を怠ると、あなたが浮上していないことに対して他の受験生が不安を抱いてしまうことになり、これはマナーが悪い行動となってしまいます。

試験日直前はこまめに浮上し、他のユーザーに安心感を与えられるようにしましょう。

リプライ機能などで他の受験生に積極的にコミュニケーションを取りに行けるとなお良いです。

センター試験当日に心掛けたいことは?

マナーが良いとされる服装は?

試験という場において「落ちない」「滑らない」というワードは非常に縁起が良いとされます。

そのため、試験日の服装は「”半裸+床用ペンキ”によるボディペイントコーデ」で行きましょう。ペンキは床用のものが落ちにくく滑りにくいものが多いのでオススメです。

オシャレ さで差をつけたい方は二種類以上のペンキで柄を作り出すのもオススメです。

また、髪型はセンター試験にちなんでセンター分けが縁起が良くオススメです。

オススメの塗料 ⇒ https://www.monotaro.com/p/4908/8488/

試験会場入りする時間は?

合格(ゴウカク)という言葉は語呂合わせで 5(ゴー)か 9(ク)」 と表せ、会場入りする時間は

試験開始時間の5分前か9分前が縁起よくマナーも良いとされています。

余裕を持ちたい人は59分前に会場入りするのも縁起の良さ的にアリでしょう。

逆に試験開始時間の-5分前と-9分前は 「負{ 5(ゴー)か 9(ク)}」 となり、不合格の語呂合わせとなってしまい縁起が悪いため、なるべく避けるようにしましょう。

試験問題の正しい解き方は?

受験生の皆さんは受かりたい一心で解答欄をなるべく埋めようとしてしまうかもしれませんが、実は解答欄をすべて埋めてしまう行為は重大なマナー違反なんです。

全ての問題に対して回答を行うことは「この程度の問題は私には簡単すぎる」という挑発行為にあたり、マナーの観点から見ても最悪な印象を出願校に与えてしまうことになります。

ではどの程度回答すればよいのかというと、合格(ゴウカク)という言葉の語呂合わせにあたる

「5割か9割の回答率」が縁起も良く最も望ましいと考えられています。

しかし9割だとまだ挑発的と思われる危険があるため、回答率は5割に止めるのが無難でしょう。

また回答率を全問の-5割か-9割にすると 「負{ 5(ゴー)か 9(ク)}」 となり、不合格の語呂合わせとなってしまい縁起が悪いため、なるべく避けるようにしましょう。

問題を解き終わったら?

試験問題の5割を回答し終えたら、終わったということを試験官に暗に知らせるために

力強く鉛筆を机に叩きつけて置きましょう。

そうすることで周りに威圧感を与え、会場全体へ程よい緊張感を生み出すことができます。

また、力強く置くことにより自身の筋肉の存在を示し、他の人間に自分が学力以外の面でも優れていることをアピールできます。

受験を目前に控える皆さんへ

この記事を書き終わるころには既に受験がほぼ終わっていましたが、この記事で皆さんの受験が

よりよいものになることを心から願います。

(※1 権利の関係で手書きのイラストを利用しています。)